オオクマ電子株式会社

  • TOP トップページ
  • GREETING/CONCEPTION ごあいさつ・理念
  • YOUR IMMEDIATE VICINITY あなたの身近なオオクマ電子
  • PROCESS オオクマのプロセス
  • HISTORY 沿革
  • PRODUCTS 製品案内
  • ENVIRONMENT 環境への取り組み
  • COMPANY INFO 会社概要・組織図・沿革
  • ASK お問合わせ
  • RECRUIT 採用情報
  • OOKUMA ELECTRONIC CO., LED. ENGLISH SITE

製品案内

space 製品案内>医療  

SPASER

space SPASER_02 経営と運営のニュースタンダード space
型番:SPNM-A
SPASERは手術で使った薬剤の種類や数を自動的に識別して記録する装置です。
看護師らの手術中の記録作業を効率化し、記録漏れに伴う保険の未請求を防ぐ効果もあります。
space
特徴:
使用済注射薬を装置に投入し、バーコード読み取り・ラベル認識画像処理により使用済注射薬の識別・カウントを行い、カウントデータをデータベースに記録。
記録したカウントデータは付属のパソコンに入っているアプリケーションにより、閲覧・帳表印刷可能。
 
 space
 
space SPASER SPASER運用イメージ※クリックすると拡大します。このページに戻る際はブラウザの「戻る」ボタンをクリックしてください。 space

SPASER_09

SPASER_10

space SPASER_11 ばらつきのある手術コストを適正化

患者様にとって低侵襲ではあるが、赤字になりがちな内視鏡手術の材料の最適化をSPASERの解析ツールを使用することによって実現。内視鏡材料費を50%近く削減し、利益の創出が可能になります。

 

space

SPASER_14

space 「腹腔鏡下胆のう摘出術」において病院調査を実施しました。コスト検証前の手術コスト、使用材料の見直し、さらには年間の試算を算出しております。 space

SPASER_16

SPASER_17

space 主な要因は手術室看護師の業務軽減

注射薬の自動読み取りシステムにより、手術後の看護師の伝票入力作業が軽減されるため、手術室の稼働率が向上します。上記のA病院では手術室の稼働率が30%向上しました。

 

space

SPASER_19

  SPASER_21

SPASER_23

SPASER_25

space SPASERには注射薬のマスターデータが入っており、注射薬を自動認識します。万が一、マスターデータに無い注射薬(最重要管理薬品など)が誤って投入された場合は専用のトレイに移し、確実に管理できるシステムとなっています。 space

SPASER_27

  SPASER_21